2010年11月12日

検討!武蔵野S

エリ女の裏ではダートの重賞競走が・・

第15回武蔵野S

クロフネが武蔵野Sで衝撃のレコード勝ちを飾ったのが2001年。

このレースでは、それ以後もダート界のトップを目指す精鋭たちが揃い

ハイレベルな戦いが続いている。

そして近年は荒れ模様。。わーい(嬉しい顔)

3年連続で単勝5番人気以下の伏兵馬が勝利しているのは興味深いデータだ。

過去10年間のデータを使って、その傾向を探ってみたい


3歳馬・5歳馬が圧倒!!

武蔵野Sでは3歳馬と5歳馬が好成績。ともに5勝ずつを挙げている一方で

4歳馬は36頭、そして6歳馬は30頭出走して、ともに2着馬を2頭出しているだけという

極端な傾向となっている。

つまり、この競走が秋季開催の東京ダート1600mで開催されるようになった2000年からは

3歳馬と5歳馬しか勝っていないことになる・・どうした?4歳馬??


年齢別制限

年齢   成績 勝率 連対率 馬券対象率
3歳   5-2-2-17 19.2% 26.9%  34.6%
4歳   0-2-3-31 0% 5.6%  13.9%
5歳   5-3-1-28 13.5% 21.6%  24.3%
6歳   0-2-2-26 0% 6.7%  13.3%
7歳以上  0-1-2-25 0% 3.6%  10.7%



距離短縮組が好成績

中山競馬場のダート1800mで実施された2002年を含めた過去10年間の成績を、前走の距離別に

分類してみると、前走1800〜1900mおよび2000mから臨んだ馬が好成績。

これに対して、前走が1700m以下だった馬は、やや苦戦気味という結果が。。

ちなみに、前走が1600mだった馬の成績は〔0・1・0・10〕。

このなかには、G1・Jpn1 のマイルチャンピオンシップ南部杯(盛岡競馬場)で上位に入った馬も

多く含まれているのだが、武蔵野Sでも好走できたのは2007年2着のワイルドワンダー

(前走マイルチャンピオンシップ南部杯2着)のみ。


前走の距離別成績(過去10年)

前走の距離 成績     勝率 連対率 馬券対象率
1400m以下 2-2-2-44 4.0% 8.0% 12.0%
1500〜1600m 0-1-0-11 0% 8.3% 8.3%
1700m  1-0-2-18 4.8% 4.8% 14.3%
1800〜1900m 3-5-6-28 7.1% 19.0% 33.3%
2000m     3-1-0-12 18.8% 25.0% 25.0%
2100m以上 1-1-0-13 6.7% 13.3% 13.3%



3歳、5歳で前走から距離短縮組は迷わずチェックしておきたいね。

こんなところで・・


エリザベス女王杯はこちらで検討中!

応援クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
プレゼント

虹に願いを

posted by umaru at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41689044

この記事へのトラックバック